重要なお知らせエリアを非表示

人と人を「結ぶ」
想いを「結ぶ」
今昔を「結ぶ」

水引屋志結のSHIHOと申します。
この度は水引屋志結ショップにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「志」とは相手のためを思う気持ち、相手を慕う気持ち、愛情を意味します。「志を結びたい」という想いでブランド名を水引屋志結としました。
商品は日常に和を感じ、よりもっとときめく毎日を送っていただけるよう「DAILY ⇆ KIMONO」とし、着物がお好きな方はもちろん、着物を着ない方にも普段の生活に取り入れやすいよう工夫しております。
水引屋志結では3つのことを大切にし商品制作に取り組んでいます。1つ目は「手仕事のあたたかみ」です。水引は必ず人の手で結びます。簡単な結びでも機械では結ぶことが出来ないのです。手で1つ1つ心を込めて丁寧に結ぶからこそ伝わる優しいあたたかさ。
2つ目は「日本文化をよりもっと身近に」感じていただくことです。日本伝統文化の1つである水引。様々な国の様々な物が簡単に手に入る時代だからこそ、もっと日本の文化や良さを感じてほしいと思います。
3つ目は「自分らしさ」です。水引小物があなたのお気に入りになり、そしてあなたらしくいるための1アイテムになりますように。そんな想いも込めています。
水引屋志結が少しでも皆さまの「結ぶ」をお手伝いすることが出来たら幸いです。
《商品お届けについて》
環境保全の観点から受注生産をしています。手仕事に時間がかかるためお届けまで1週間〜2週間程度お時間をいただいております。 ご了承の上ご購入をお願い致します。

水引とは?
日本の伝統文化の一つ「水引」
水引は2cmくらいの細さに切った和紙をよって紐状にし、水糊を引いて乾かして固めたものに、着色したり、紙や糸を巻いてつくられています。水引の一般的な長さは90cm。直径約1mmほどです。飛鳥時代の遣隋使が日本へ帰ってくる際に持ち帰った答礼品に赤と白で染めた麻ひもが結んであったのが水引のはじまりだと言われています。
水引の種類は豊富にあり、100種類以上あります。御祝儀袋で主に使われているものは「紙巻水引」と言います。水引屋志結では主に細い和紙をこより状にしたものに糸を巻きつけた「花水引」を使用しています。
繊細な水引を1つ1つ丁寧に結んでつくる小物をぜひご堪能下さい。